特徴ある症状がいくつもあるのが非定型うつ【助けを求める事が一番】

選び方と特徴

鬱

どんなものがあるのか

非定型うつの人は、まずはクリニックを選ぶところから始めることが必要です。どのようなクリニックを選ぶかは、病院やクリニックを紹介する専門の口コミサイトを参考にするとよいでしょう。クリニックによって、人格障害に強いクリニックや離人症に強いクリニックなど様々なところがあるので、その中でもうつ病に強いクリニックを選ばなければなりません。選び出す際の基準は、本当にうつに強いクリニックであるかどうかです。何故ならば、非定型うつは大きく区分すると「うつ病」の中に入る症状だからです。非定型うつを治療するにあたり、うつに強いクリニックを選ぶことが大事になります。クリニックを選んだら、今度は主治医を選びます。クリニックによっては個人で診療を行っていることもありますが、多人数で診療を行っている場合もあります。その場合、いつどの時間に自分と相性の良い医師がいるのかどうかを確認しながら診察を行ってもらう必要があります。クリニック内であれば紹介状なしで主治医を変えることができるので、自分に合う医師をしっかりと見定めましょう。また、クリニック内に自分に合う医師がいなかったときには、セカンドオピニオンを付けるか、紹介状を書いてもらい、別なクリニックにかかるというのも手です。非定型うつは従来のうつ病とは大きく異なる点が多くあります。気分性反応においては、従来のうつ病はまったく気分が変調することがなく、ほとんど全てのことに関心を失い、嬉しいことや喜びを持てません。対して非定型うつのひとは、気分正反応が強く、良いことがあればとことん喜び、楽しいことがあれば気分があがりますが、悲しいこと、悪いことがあると強く落ち込むという特徴があります。そういった点から、従来のうつ病と非定型うつ病は区別されます。なので、治療法も大きく変わってきます。非定型うつでは、投薬治療よりもカウンセリングでの認知行動療法、自身のトレーニングによって治療していくことが重要です。投薬治療で大きな結果を得られることができなかった場合、カウンセリングで認知行動療法を行っていくことになります。認知行動療法とは、自分の中でゆがんでしまった思考方法や考え、認知のゆがみに焦点をあてて、それを修正することで治療するというものです。また、セルフヘルプというトレーニングも必要です。非定型うつの特徴である自分の気持ちを抑え込んでしまうことを改善するため、自己主張をするトレーニングを行い、自我の確立を目指そうというものです。これらの方法で、焼く70%の人が症状を改善できたというデータがあります。

Copyright© 2018 特徴ある症状がいくつもあるのが非定型うつ【助けを求める事が一番】 All Rights Reserved.