特徴ある症状がいくつもあるのが非定型うつ【助けを求める事が一番】

保険適用が受けられます

ハート

早めに病院を受診しよう

非定型うつは、20代の若い人や女性に多いうつ病のひとつですが、一般的なうつ病とは違った症状が見られる場合があるので、治療法も多少は違ってきます。憂鬱な気分が続いたり、イライラしたり、気分が落ち込むなどの従来のうつ病の症状も見られますが、意欲や気力の低下などは感じにくく、趣味やレジャーなどの好きなことをすると症状が一時的に改善することもあります。精神神経科の病院やクリニックを受診して、内服薬を服用することも大事ですが、非定型うつは生活のリズムを整えることが大事です。非定型うつは過眠や過食などで生活が乱れやすいため、食事の時間を決めるようにしたり、早寝早起きなどの朝型の生活を送ったりしましょう。従来のうつ病は十分な休息を取る必要がありますが、適度に負荷を掛けたほうが良いケースもあります。症状が重い時は仕事の量を減らしてもらったり、一時的に休職を考える必要がありますが、比較的症状が軽い場合はなるべく仕事を休まないようにしたり、家事をこなしたほうが良いでしょう。従来のうつ病に比べると、薬の効果が出にくいケースもありますが、カウンセリングなどの精神療法は大変有効です。家族の協力を得られる場合は、精神神経科の病院に付き添ってもらって下さい。非定型うつは一般的なうつ病と、同じような症状も見られますが、過眠や過食、イライラなどが見られることが多く、夕方から夜間に症状が重くなる傾向があります。趣味やレジャーを楽しむことはできるため、一時的に気分が良くなることがありますが、学校や職場に通う前に気分が優れない状態が続くことがあります。周囲の人には甘えや怠けだと誤解されることも多い病気ですが、精神疾患のひとつなので放置をしてはいけません。精神神経科の病院やクリニックは、基本的には保険適用が受けられるので、安心して通院ができます。薬も保険がきくので、服用している薬の数が少ない場合はあまり高額にはならないので、安心して下さい。地元で評判の高い精神神経科の病院やクリニックでは、信頼できる医療スタッフが在籍をしているので、親切で丁寧な応対が特徴です。一人一人の症状に合わせた治療を行っていますが、カウンセリングは大変有効なので、不安や悩みを相談すると良いでしょう。非定型うつは、ある程度負荷を掛けて頑張ることで、症状が改善することもあります。気になる症状が見られる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、カウンセリングや診察を受けて下さい。基本的には通院治療が可能な病気です。

Copyright© 2018 特徴ある症状がいくつもあるのが非定型うつ【助けを求める事が一番】 All Rights Reserved.